読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地べたブランケット

コケや花や昆虫など、興味をおぼえたものをいろいろ

6月の観察ツアー

小雨続きの梅雨、天気予報を気にしながら今月の昆虫観察ツアー。バスを降りた途端、お湯が風に混ざったようなムワッとした暑さに吹き付けられつつ。晴れ間ものぞき、虫運上昇の予感。

f:id:sousion:20160625215448j:plain

草ぼうぼうに吸い寄せられては進まなくなるツアー、今回は早かった。フィールドに出る前の出発点から、つかまった…!

ハラグロオオテントウ。よく見られるてんとう虫の数倍大きい。(後ろ姿)

f:id:sousion:20160625222221j:plain

仕込みなのではと疑われるほどいきなりのレア昆虫、来たァア。

まじりっけなしのたまたまいた、てんとう虫。どうして見つけてしまうかな、すごいな…!? となりつつ、この地で生まれたいもむしを持ち帰り、育てていたツアーメンバーよりミヤマカラスアゲハの放蝶も。

(※尚、生きものを放す、という善し悪しの具体的な線引きは専門的な判断によるところだと思うので、ここでは取り上げないです。)f:id:sousion:20160625224127j:plain

f:id:sousion:20160625223330j:plain

青い鱗粉に黒い翅が、緑に映えて。何度見てもたまらない姿。

すっかりテンションが上がったツアーメンバー。出発すらしていないのに、次々にあれがいた、これがいたとなりながら、先へ。

緑がかっこいい、カメムシの幼虫。ぴっかぴかのつっやつや。

f:id:sousion:20160625231406j:plain

なんべん会っても楽しい生きもの、シロコブゾウムシに今回も出会いました。

写真じゃちょっと、かわいさしか! 伝わらない!(お気に入りゆえに)

惚れた欲目をさっぴいても、とても巧みな死んだふり。ふり…ふりのはず……? と心配になってくるぐらい、コテン、と転がり。

f:id:sousion:20160625225237j:plain

起きました。起きてしまいましたがな、と言いたげな様子。かわいい…!!!(ほら、生きてた…!!! と、心配になってきていたのでよろこびも倍増。)

f:id:sousion:20160625225419j:plain

いたるところにヒメジョオンウツボグサと思われる紫の群れが咲いて。

f:id:sousion:20160625231157j:plain

f:id:sousion:20160625231235j:plain

とうとう。出会ってしまった! 光り輝くの。玉虫色の。生きているやつ…! おなかまでぴかぴかしている。よく見たら足まで光ってるヤマトタマムシ

f:id:sousion:20160625231814j:plain

f:id:sousion:20160625231911j:plain

古い衣装などにはコガネムシや、このヤマトタマムシの翅が使われており。そりゃあ、お洋服を飾るのに使いたくなるわ。これはなるわ。と、深く頷きたくなる輝きぶり。

朽ち木のそばには、少しとろけるような青さがたまらないルリボシカミキリ。カミキリ好きだァア。と思わず言いたくなる、持つとキュイキュイ鳴き。

f:id:sousion:20160625232211j:plain

今回の本命、オオムラサキについては。風が強く、目視するのみとなりましたが、待っているあいだに飛んできたモンキアゲハがかっこいい。

f:id:sousion:20160626000936j:plain

講師の先生に教わりながら、おとなって色々いるんだよ。に、囲まれた小学2年生が手にしているところ。ナツアカネ、獲るのがぐんぐんうまくなって。

小学生が獲ってきてくれたナツアカネで、アキアカネとの見分け方を学ぶ輪も。(筋肉のすじ…みたいな、我がおとなあたま、たよりない。)

雨上がり、きのこもたくさん生えて。ファンタジーがつまった苺色。

f:id:sousion:20160626001656j:plain

コケもきれい。

f:id:sousion:20160626002129j:plain

尚、今回いもむしを相当撮って、いもむしかわいい、に満ち満ち。

なかでもとびきりギュワッとしたセスジスズメのいもむし。おしりのやつ、ぴょんごぴょんご振る。

その動きのたまらなさったら。成長とともに赤く染まる窓、円紋がなおさらよくて。

f:id:sousion:20160626002609j:plain

それぞれが気になるほうへスーッと吸い込まれつつ、昆虫を前にして急に足どりが軽くなるツアー。

f:id:sousion:20160626003830j:plain

f:id:sousion:20160626003954j:plain

f:id:sousion:20160626004029j:plain

今回も楽しくって。ひとつだけ、ヤマビルがはじめの道から現れるようになったので、そこだけは気をつけて、また出かけられたら嬉しい昆虫めぐりとなりました。

 

2017/02/05 一部訂正