読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地べたブランケット

コケや花や昆虫など、興味をおぼえたものをいろいろ

変形菌に会ってきた。

講座

「変形菌入門講座」観察・採集の基本

場所:筑波実験植物園 講師:保坂健太郎先生、松本淳先生、川上新一先生。日本変形菌研究会のみなさん。

時間 10:00~16:00

ねばねばと、宝石みたいなぴっかぴかを持つ変形菌。

きのこみたいな形になる、菌って名前につく、でも菌類でない。葉の上や、朽ち木を動いて餌を探す。動ける、けれど動物でない。今はアメーバ動物界のなかま…! 変形菌へんてこ訳が分からないよ…! うおおお、見てみたいわアア。って、行ってきました。

以下ざっくりまとめ。

【 変形菌の採集 】

f:id:sousion:20160703204105j:plain

f:id:sousion:20160703204242j:plain

f:id:sousion:20160703204924j:plain

見やすい大きさと、覚えやすい形をもったボフッと長い。ムラサキホコリ。採集するときは、やや離れたところからゆっくりはがす。空き箱などに入れるときは、動かないようにテープどめするとよい。

紫外線を防ぐために、ムラサキホコリ目、モジホコリ目はメラニンを持つ。そのため胞子が黒っぽい。またカロチンも紫外線を防ぎ、カロテノイド系を持つ種類もいるんだそう。

f:id:sousion:20160703205233j:plain

f:id:sousion:20160703205252j:plain写真(下)のまち針の下辺りで見つけた子実体。

f:id:sousion:20160703210230j:plain

f:id:sousion:20160703210251j:plain

f:id:sousion:20160703210527j:plain

f:id:sousion:20160703212932j:plain

f:id:sousion:20160703210321j:plain

 形も色もさまざまな子実体(胞子がつまった袋のようなもの)5枚目はおそらくホソエノヌカホコリ。

大きさ的に外で見つけられるのは、変形体か子実体。雨が降らない日が2,3日続き、葉のウラなど子実体が作りやすかったのではとの話。よく見つかる。

f:id:sousion:20160703214928j:plain

f:id:sousion:20160703215042j:plain

2枚目。ガマグチフクロホコリ。餃子が、見つかった…! と、変形菌研究会のかたが言う。ぎょ、ぎょうざ……!? と、なりながら見てみると、2枚貝のような姿の、餃子いた。

胞子が入った袋を覆う壁には細毛体、ごく細い毛のようなものがある。風が吹くと胞子がほぐれて飛びやすい。ケーキをつくるときの粉を振るような感じ。バネのように飛ばすものもいる。

コケにもゼニゴケが胞子を飛ばすための弾糸があり、乾燥によって飛び出してくるけれど、子実体も壁が乾いて細毛体が出てくるんだそう。個人的に伺ったけれど、とてもおもしろい仕組み。

f:id:sousion:20160703211127j:plain

こちらが変形体。1時間に1cmくらい動ける。飼育にはエサにオートミールを使う。おなかがすいてから、子実体をつくる。

【 変形菌の種類 】

  • 世界 800種
  • 日本 400種

 ちなみに、

  • 福井 120種
  • 茨城 253種

きのこよりもずっと数が少ない。世界で同じような種類が見つかる。どの土地でも、同じ種が生きられるため。変形菌、とても強い。

【 顕微鏡での観察 】

f:id:sousion:20160703213247j:plain

f:id:sousion:20160703213315j:plainクラカタホコリ 

f:id:sousion:20160703213719j:plainキカミモジホコリ 

f:id:sousion:20160703214122j:plain

f:id:sousion:20160703214139j:plainコシロジクキモジホコリ。レモンイエローの子実体がとてもかわいい。

f:id:sousion:20160703215333j:plain

f:id:sousion:20160703215402j:plain

だいたいこんな感じのところで、葉っぱをひっくり返したり、朽ち木をぐいぐい見たり。

f:id:sousion:20160703215637j:plain

ひとりザトウムシを見つけて思わず、追いかけたりしてハァアアかわいいィイ、となりつつ。がんがん見つけてくるちびっこに教えを請い、自力で見つけられたときのうれしさったらなく。変形菌の本物、ようやく会ったァア。

ちなみに会っただけでなく、食したりも。

f:id:sousion:20160703221157j:plain

変形菌研究会のかたが作ってくれていた変形菌蒸しぱん。こちらは上に胞子をのっけ蒸し。イタモジホコリの胞子を混ぜ込んだもの、モジホコリの子実体を練り込んだものをいただいて。モジホコリのほうは胞子、胞子を感じる…っ。食べている…っ、感が少しありました。古いものの匂いがわずかにぽふっと。

そんな感じで、一日。

f:id:sousion:20160703220400j:plain

f:id:sousion:20160703220507j:plain

f:id:sousion:20160703220556j:plain

f:id:sousion:20160703220630j:plain

写真上から、トンボ、イトキンポウゲ、ヒュウガタイゲキ、ウマスギゴケ

変形菌の、つぶつぶ。うねうね。やっぱり不思議で、でも少し近づけて、色とりどり見られてありがたく。参加者のかたや、研究会のかたにもたくさんお世話になりました。ありがとうございました。